一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / 前ホーク / ブレーキ取付部の疲労強度試験

ブレーキ取付部の疲労強度試験
試験方法概要 ハブブレーキ又はディスクブレーキと一緒に使用する前ホークは、以下の試験を行ったとき、前ホークのいかなる部分にも亀裂又は折損がなく、かつ、サスペンションホークの場合はいかなる部分にも分離が生じてはならない。
下図に示すように、固定具に前ホークを取り付け、標準ヘッド部品で保持する。前ホークにハブ軸を装着し、下図に示すように長さL (タイヤ半径に相当)のトルクアーム及び適切なブレーキ取付点をもつピボット付きアダプタをハブ軸に取り付ける。
ホークステム軸に対し垂直な600 Nの後方への動的な繰り返し力を、トルクアームの端部に12,000回(マウンテンバイクも12,000回、レーシングバイクは20,000回)負荷する。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.4.2.7.2.2 ブレーキ取付部の疲労強度
BAA自転車安全基準:2019 5.6.3.7.2 ブレーキ取付け部の疲労強度
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)


試験・検査

ページ上部へ戻る