一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / その他の自転車試験 / リヤキャリヤの動的強度試験(垂直方向)

リヤキャリヤの動的強度試験(垂直方向)
試験方法概要 試験用取付具にキャリヤを水平に組み付ける。キャリヤプラットホームに,質量別クラスに等しいおもり(例えば,クラス18 のものは18 kg の質量)をD=L/2 の位置でプラットホーム幅に荷重が均等にかかるように取り付け,振動数7 Hz,全振幅10 mmの上下振動を100,000 回加えたとき,キャリヤの各部に著しい破損,亀裂などの異常を生じてはならない。(L=キャリヤの長さ)
なお,おもりの重心の高さは,キャリヤプラットホームの上部の中心線から10 mm 以内とし,おもりの全幅は,キャリヤプラットホーム幅の外側100 mm 以内とする。
図・写真

対応規格 JIS D 9453:2013 自転車−キャリヤ及びスタンド 6.1.3 動的強度 a)垂直方向
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)

試験・検査

ページ上部へ戻る