一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / 駆動装置 / ペダルの疲労強度試験

ペダルの疲労強度試験
試験方法概要 試験用回転軸に一対のペダルを組み付け,このペダルに質量80 kg(幼児用自転車は30 kg,マウンテンバイク,レーシングバイクは90 kg)のおもりを振動が最小限になるようにばねでつり下げる。この状態で,回転軸が過熱しないよう軸受け面の材質に適した速度で合計100,000回転させる。ペダルに二つの踏面がある場合には,50, 000回転後にペダル踏面を180゜回転させる。試験後,ペダルのいかなる部分にも目に見える亀裂又は折損がなく,軸受部に分離が生じてはならない。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.6.5.4 ペダルの疲労強度
JIS D 9302:2019 幼児用自転車 5.6.5 ペダルの疲労強度
BAA自転車安全基準:2019 5.8.6.5 ペダルの疲労強度
自転車のSG基準:2013 14.ペダルの強度 (3)
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)、幼児用自転車


試験・検査

ページ上部へ戻る