一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / フレーム体 / フレーム体の水平力による疲労強度試験

フレーム体の水平力による疲労強度試験
試験方法概要 フレーム体を前ハブ軸と後ハブ軸とが水平に一直線となるように取り付け,回転方向が制限されないよう後つめを後ハブ軸に固定する。
前ホークの上下方向の動きを拘束し力を受けて前後方向へは自由に動ける状態にして,前ホークつめに対し,前後に動的な水平力を負荷する。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.4.1.7 フレーム体の水平力による疲労強度
BAA自転車安全基準:2019 5.6.1.5 フレーム体の水平力による疲労強度
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)
仕様 荷重 :450〜600N   周波数:1.25Hz
駆動方式 :エアーシリンダ(ストローク50mm)
前ハブ軸幅:92〜100mm  後ハブ軸幅:120〜140mm

試験・検査

ページ上部へ戻る