一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / フレーム体 / フレーム体のペダル力による疲労強度試験

フレーム体のペダル力による疲労強度試験
試験方法概要 前ホークをハブ軸部で軸が自由に回転できる状態にして,車輪の半径±30 mmの高さの台座に固定し,前ホークの台座と同じ高さの支柱にフレーム体の後つめを軸で固定する。後つめを固定する支柱は,横平面の剛性をもち,下部がボールジョイントで軸を中心にして回転できるものとする。
左右両方のクランクを水平位置に対して45°の角度で前方下向きに傾斜させる。左右のペダル軸に対し,フレーム体の中心面から150 mmの位置で,フレーム体の前後平面に対して7.5° の角度で傾斜させて,1,000 N(レーシングバイクは1,100 N、マウンテンバイクは1,200 N)の下向きの繰り返し力を左右のペダル軸に対し交互に100,000回負荷する。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.4.1.6 フレーム体のペダル力による疲労強度
JIS D 9302:2019 幼児用自転車 5.4.1.3 フレーム体のペダル力による疲労強度
BAA自転車安全基準:2019 5.6.1.4 フレーム体のペダル力による疲労強度
自転車のSG基準:2013 6.フレームの強度 (2)
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)、幼児用自転車
仕様 荷重 :850〜1400N   周波数:1.25Hz
駆動方式 :エアーシリンダ(ストローク50mm)
前ハブ軸幅:92〜100mm  後ハブ軸幅:120〜140mm


試験・検査

ページ上部へ戻る