一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / ハンドル / ハンドルバーとハンドルステムとの固定強度試験

ハンドルバーとハンドルステムとの固定強度試験
試験方法概要 製造業者の取扱説明書に従って,ハンドルバーをハンドルステムに推奨締付けトルクで組み付け,ハンドルステムを最小はめ合い長さで,ステム軸を垂直にして固定具に固定する。
ステムクランプの中心線を中心にして60 N・m(マウンテンバイクは80 N・m)のトルクを加えたとき,ハンドルバーはハンドルステムに対して動いてはならない。なお,ハンドルバーの両側に垂直下向きの力を加えることによってトルクを均等に分割し,これらの力を1分間保持すること。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.3.2.4 ハンドルバーとハンドルステムとの固定強度
BAA自転車安全基準:2019 5.5.5 ハンドルバーとステムとの固定強度
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)


試験・検査

ページ上部へ戻る