一般財団法人 自転車産業振興協会 技術研究所 Japan Bycycle Technical Center

MENU

試験・検査Examination

試験・検査 > 自転車 / ハンドル / グリップの低温離脱力試験

グリップの低温離脱力試験
試験方法概要 ハンドルバーにグリップ(にぎり)を装着し水中に1時間浸漬する。次にハンドルバーを冷凍庫に入れ,−5 ℃以下の温度になったら冷凍庫から取り出し,ハンドルバーの温度が−5 ℃に達するのを待って,グリップが抜ける方向に70 Nの離脱力を加える。ハンドルバーの温度が+5 ℃に達するまでこの離脱力を保持したとき,グリップはこの離脱力に耐えなければならない。
図・写真

対応規格 JIS D 9301:2019 一般用自転車 5.3.2 ハンドル 5.3.2.1 一般 e)
JIS D 9302:2019 幼児用自転車 5.3.2 ハンドル及びグリップ c)
BAA自転車安全基準:2019 5.5.2 ハンドルおよびグリップ e)
対象車種 一般用自転車(シティ車、スポーティ車、MTB類形車、子供車、小径車、実用車)、幼児用自転車


試験・検査

ページ上部へ戻る